日本臨床医学情報系連合学会が設立されました。

医療系学会と経営系学会の連合学会が設立されました。「臨床医学情報」という新たな学問体系の確立を目指しています。学術部門(J-ISCM日本臨床医学情報系連合学会)と応用部門(一般社団法人日本臨床医学情報系連合学会)の2団体で運営されます。

以下日本臨床医学情報系連合学会ホームページから


「木を見て森を見ず」との諺は現代医学にも当てはまると思われます。当連合学会は、患者の疾病(木)を診るための手段としての森である「広義の臨床医学情報」という新たな学問体系を確立するために医療系学会と経営系学会が連合して設立されました。

日本臨床医学情報系連合学会は、患者情報管理、世界医療情報、最先端医療情報、医療機器システム、AI・IoT応用医療、医療用コンピュター、臨床疫学情報分析、医療学術情報、リスク管理、医療経営、病院経営分析、病院会計等の「情報等」が研究対象です。
「狭義の臨床医学情報」は、純粋な臨床での医学情報を指すと考えますが、「広義の臨床医学情報」は前記のような狭義の臨床医学情報に、その隣接諸科学を加えた分野を言うと考えられます。
いずれにしても個別の臨床医学情報が漏れなく体系的に運用できるシステムをどのように構築するかを研究し、臨床医学情報の体系化を目指すために設立されました。

幹事団体:
日本医療福祉学会
日本保健医療学会
日本ビジネス・マネジメント学会医療情報研究部会

正加盟団体:
一般社団法人日本経営学会連合
日本経営会計学会病院会計研究部会
日本経営実務研究学会医療福祉部会
医療ビジネス関連学会協議会
日本認知症介護学会

準加盟:
日本未病研究学会

特別加盟団体:

一般財団法人東京総合研究機構

株式会社東京総合リスク管理研究所
T.D.T.メディカル・AI研究センター
(東京データ通信株式会社)
株式会社FUJI総合研究所 情報処理技術チーム