未病養生専門員認定制度

東洋的保健管理、即ち、未病養生の専門家として一定の技量を有し且つ、カウンセリング技能を有する者を当学会が審査し認定します。

Ⅰ 未病養生専門員は、下記の当学会員を対象に認定し、日本未病研究学会認定未病養生専門員の称号を授与いたします。
1、鍼灸師、柔整師、マッサージ師、薬剤師、保健師等で未病知識を有する者
2、自然科学系博士号を有する者で未病知識を有する者
3、前各号の者と同等の未病知識を有すると認定委員会で認めた者

(認定費用無料)
下記の費用が掛かります。
1、入会金 30,000円
2、学会の年会費として年10,000円を負担願います。

(認定要件)
認定は、当学会の認定審査委員会の審査により認定します。

認定の要件は下記を満たすこととします。

1.当学会の会員であること。(認定継続要件)

2.Ⅰの資格を有すること。(認定絶対要件)

3.下記の要件の何れかを満たした者。

(1)当学会研究大会において研究報告を行い、会員として継続3年を経過し、認定審査委員会の審査に合格した者。

(2)当学会に臨床経験等の業務経歴を提出し認められた者。

(3)認定審査委員会に原著論文を提出し審査に合格した者。

(4)当学会が指定する研究会に参加し、一定の単位を取得した者。

(5)前各号と同等以上の技量、技能を有すると認定審査委員会が認めた者。

Ⅱ 未病治専門員は、下記の当学会員の医師を対象に認定し、
日本未病研究学会認定未病治専門員(医)の称号を授与いたします。
詳しくは こちら →

認定審査委員会 お問い合わせ→

※「未病養生専門員」及び「未病治専門員」は当学会の登録商標です。無断で使用すると罰せられます。