未病記念日等

☆ 日本未病研究団体連合は、WHOが定める世界保健デー4月7日を「未病管理の日」とし、4月を「未病管理月間」と制定しました。東洋も日本も世界の一部ですから東洋型保健管理もWHOに倣って世界保健デーを「未病管理の日」としました。

☆ 日本未病システム学会は、「未病の日」を貝原益軒の誕生日である12月17日と制定しました。

☆ 神奈川県は10月をは「未病月間」とし、9月、11月を「プレ未病月間」、「フォローアップ月間」としてME-BYOサミット神奈川県2017等を主宰しています。

神奈川県の未病に関するイベントPdf

※いずれにしても、未病関係のいろいろな団体や行政が制定し、いろいろな形の記念日があり、未病普及活動を行い、正しい未病概念が普及し国民の未病意識(保健意識)が高まることが大切と考えます。

※未病はあくまでも病気でもなく病気の入り口でもありません。健康状態の範疇ですが病気に近い心または身体の状態をいいます。従って現代医学に置き換えれば「東洋型保健管理」の分野になります。飽くまでも「未病」という言語に忠実であるべきと考えます。従って、未病の専門家は医師ではなく保健師、鍼灸師、薬剤師等であるべきと考えます。もちろん、医師も医業の付随業務として保健は大切な業務分野ですが、未病管理ではなく未病治を担当して欲しいと願います。
従って、当学会では、未病治の専門家として未病知識を有する医師に対して「未病治専門員(医)」として認定しています。